FC2ブログ


タイトル画像

充電式タッチペン試してみた

2020.03.22(12:21) 897



今まで反応しなかったことは無く、最低限の用途は満たせる。
充電口の蓋はネジ式なんだけど緩みやすくしかも軽くて、充電中に外しているとどこかにいってしまいそう。
充電式の宿命で、画面に反応するのはペン先でなくペン軸。





アンチグレア系フィルムでタッチ検出ポイントがガクガクとブレる。光沢系を貼っているNintendoSWでは全然問題なかったけど。
3000円程度のものとはいえ充電式タッチペンなのでフィルム問わず動作して欲しい。
充電器と本体を接続するのが磁石というのがちょっと面白いだけで、充電器と電源を繋ぐのは普通にmicroB-USBなのでおすすめはしない。
起動スイッチが充電器との接触部を兼ねているので、そこを毎度素手で触らなければならないことにストレスを感じる。



今のところ一番問題なく細かい作業ができているのはディスク式という現実。
携帯端末でお絵かきするならこれが一番いいのかもしれない。


満足できなくなったらIntuosを買えばいい。対応端末GalaxyとMediaPadしか無いけどw


Android関連 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

保護フィルムとタッチペンの関係

2020.02.13(19:09) 896

導電繊維のタッチペンがフィルムを付けた状態でちゃんと反応するか色々試してみました。

ペンはこれ系


ペン先が潰れるほどの力は加えない方向で。

【PETアンチグレアフィルム】
途切れる。画面手書きメモ系アプリを使うと
・・・・・・
という感覚でぶつぶつ途切れる。開発者モードで検出を可視化してもやっぱり途切れてる。
しかもペンを動かすと「スーッ」と音がする。明らかにペンかフィルムが削れてる。
フィルム表面にザラザラの加工がしてあるので、指や柔らかいもの以外で触れない方がいい。

【PET高光沢フィルム】
相性最高。ペンが走るし途切れない。音もしない。
硬質のペン先ならともかく、導電繊維ならそこまでツルツルには滑らない。
タッチペンを使うならこの手のフィルム。

【ガラス高光沢フィルム】
試してない。使ってる人が居ない。
PETより厚みはあるが反応する可能性は高い。

【ガラス アンチグレアフィルム】
タッチペンなにそれ?というレベルの反応。
導電繊維をフィルム側が想定していないと思われる。

--
充電式タッチペンも2種類で試してみました。GoulerとHeiyoです。
充電式タッチペンはほとんどの品物のレビューで「タッチ位置がずれて検出される」とありますが、それはペン先が飾りだからです。おそらく本体(ペン軸)から放電しているため、ペン軸のうちディスプレイに最も近い場所が反応します。
Windows7~10のタッチパネル対応PCではペン軸をありったけ傾けないと反応しないはずです。

【PETアンチグレアフィルム】
途切れる。もうアンチグレア自体がタッチペンに向いてない気がする。

【PET高光沢フィルム】
問題なし。

【梱包ラップ】
普通に引っかかって穴が開きそうなので先が細い系のペンは非推奨。静電繊維ペンおすすめ。

アッポーペン シルは汎用品でないので買う気なし。

Android関連 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

「友達価格」ってほんと消えて無くなった方がいい言葉

2020.01.03(20:07) 895

https://seitan-card.com/index.html 太洋堂|生誕メッセージカード作成

こっちはフレームデザインの指示も無しで一度もライブ行ったこともないアイドルの全身入った似顔絵を新年早々休みを削りながら無償で引き受けてんだぞ。
本来1万円貰えるのかよ!!!



日記 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

格安SIM入れたらやたらとAndroidが再起動することがある

2019.11.30(01:06) 894

d-02H (Android5)
に、ロケットモバイルの格安SIM入れて使ってたんですが

SIMは認識してネットにも繋がるし、ブラウジングくらいならなんともない速度が出るんですけど
動画を見るには足りなくて全然再生できないんですよ。

仕方ないから動画はWifi環境でキャッシュして見てたんですが、
・モバイル通信OFF
・WifiOFF
の状態でニコニコ開くとOSが強制再起動(100%)

そして今日
・モバイル通信OFF
・Wifi接続中
の状態でYoutube開いたらOSが強制再起動

もう3年くらい使ってる端末なので寿命かな?とか思いながら我慢して使ってたのですが、
動画ページを開いたら即死しているような…

で、最近変えたところで心当たりあるのがSIMしか無かったため
SIM抜いたら再起動現象は発生しなくなりました。

…格安SIMと本体の相性ってOSレベルであるんですかね?
たぶんですけど、ニコニコにしろyoutubeにしろ、広告読み込みのタイミングでOSが死んでた印象です。
純正SIM挿入状態・SIM抜去状態では発現しませんでした。

もともとd-02Hから他端末をテザリングしようと契約したSIMでしたが、
docomoの格安端末についてはテザリングロックを外すための情報も全然無くて、もう面倒なので年内に解約しようと思います。

ロケットモバイル
ちなみに人気が高い神プランではなく、速度求めてたので2Gプラン使ってました。
--


Android関連 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

【フレッツ光】NTT発番の電話番号が使えなくなるからフレッツに戻せという脅迫電話【コラボ】

2019.11.07(21:31) 893

ここのところコラボ事業者からの電話は掛かってこないのですが、『フレッツに戻せ』電話がめちゃめちゃ掛かってきます。
まず「ONU」「ホームゲートウェイ」を「モデム」って言って電話掛けてくるやつはおかしいから切った方がいいと思う。
お前のマニュアルADSL時代のかよ。
フレッツ光公式サイトにも「モデム」とは書いてないのに、いくら指摘しても認めないし。




NTT発番電話番号加入権の喪失


だいたいの言い分は「NTT発番の番号が加入権喪失して今のままだと使えなくなるからフレッツに戻せ」です。

加入権ってアナログ電話にしないと復活しないだろ…。
2025年でアナログ電話全廃するから、使えてもあと5年

なお喪失してもナンバーポータビリティ(番ポ)で アナログ⇔ひかり電話⇔他事業者ひかり電話 と移動させられるので何も問題ないです。

これ出典書けって言われそうなんだけど、NTT東日本のドキュメントも総務省のドキュメントも散らかりすぎてて見つからないのよね。
そんなドキュメント管理だから変な勧誘電話が蔓延ると思うんだよね。
ちなみに自分は光コラボのマニュアル担当から聞きました。116に電話掛けたら答えてくれるのかしら?



ONUが壊れたらどこに電話すればいいの


今日新たに聞いた言い分は「ONUが壊れてもコラボじゃ対応できないんだぞ

NTTに電話したら「お前はコラボ加入者だからコラボ事業者に電話しろ」って言われるだけだよ!!!!!!
そもそも光ケーブル断線かONUの不調かパソコンの寿命か何か分からない状態でNTTに電話するやつが多くて辟易したであろうNTTが、
まずコラボに電話するように誘導してるのに、何で直でNTTに電話させるんだよ馬鹿かよ。

コラボで手に負えなかったらコラボがシステムからNTTを手配してくれるからコラボでいいんだよ。
契約者→コラボ→NTTの経路で正しいんだよ。


--

日記 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

【3DS】すれちがいガ~デン 花の元ネタ

2019.11.02(19:21) 892

https://blogs.yahoo.co.jp/now_salading/folder/1246295.html?m=lc&p=2

これもったいない。ヤプログ!ってもうすぐ終了だから…
Miiverseが無くなった時点でスクショ撮るのも容易じゃないし

日記 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

マウスが壊れたのはPCのせいだと思う

2019.10.27(20:03) 891

Buffaloの静音マウスが壊れてPCに認識されなくなりました。
PC2台で確認してるので確実にマウス側が壊れてます。

でもマウスを壊したのはPCだと思う。
マウスが勝手に壊れたんじゃないと思う。


いままで断線で何台か棄ててはいますが、今回は断線でもチャタリングでもないんですよね。
PLCにデバッグ接続しながらスリープしたり復帰したりさせてたので何かやらかした感がある。
会社支給マウスが無線な時点で、有線マウスだとヤバい現場だったのかもしれない。
--

日記 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

【折り紙】メモ:薔薇の折り図が載っている本

2019.10.13(23:48) 890

【佐藤ローズ(四角・五角・剣崎高芯)】
美しいバラの折り紙: ISBN978-4-529-05767-7

【マコトローズ(四角)】
すてきな花の折り紙: ISBN978-4-569-80298-5 (絶版)

【マコトローズ(五角)】
1年中楽しめる花の折り紙:ISBN978-4-529-05796-7

【西川ローズ(五角)】
1年中楽しめる花の折り紙: ISBN978-4-529-05796-7

【川崎ローズ(四角・バラ)】
折り紙夢WORLD 花と動物編:ISBN978-4255002385 (絶版)

【川崎ローズ(五角)】
1年中楽しめる花の折り紙: ISBN978-4-529-05796-7

【佐藤 やさしいばら】
みんなでおろう はなのおりがみ3: ISBN:4902031010040
※子供向けかと思いきや、沈め折りが必須技能になっている本(笑)

【麻生 バラ】
暮らしを彩る折り紙の花: ISBN978-4834739749

【佐藤ローズ(ハイブリッドティーローズ)】
1枚の紙から作る バラの折り紙: ISBN978-4-529-05466-9


編み物や折り紙の本は重くて持ち運びに適さないし、ページが厚く開きっぱなしにできないので、コピーするか電子版があればそっちの方をおすすめします。

日記 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

【解決】【Win7/10】タスクバーのサムネがウザいので完全に抑止する

2019.10.05(17:52) 889

[win7]タスクバーのポップアップのせいで麻雀が打てない← を書いたのが2014年。
Win10乗り換えしてもこの問題がついて回っていたので、もう力業でねじ伏せました。



まず問題はこれね。

20191005.jpg

タスクバーのアイコン結合してるならともかく、結合してないのに表示されるリスト。
タスクバーにも全件出てるのにリストでも全件表示。二重表示じゃねえか!

「タスクバー ポップアップ 非表示」で検索して出てくるレジストリ書き替えももちろん実施しています。
でもタスクバーで右クリックメニュー出した後タスクバークリックするだけで簡単に出ちゃうんだよコレ。
レジストリ使っても完全に抑止はできないんだよ。


観念してソフトを使います。

7+ Taskbar Tweaker (英語読めない人向けの窓の杜)

20191005.png

タスクバー項目>マウスカーソルを重ねた時の動作>表示なし

これだけで全部出てこなくなる!!!!

タスクトレイ常駐なので起動遅くなるかな、重くなるかな嫌だなと思ってたけど、全然軽い!!

完全におすすめです。

Windows関連 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

IME使ってる人教えてください

2019.09.19(21:06) 888

まず自分は生まれてこの方、言語ソフトはATOKで育ってきました。家族に土建業が居るので仕方ない(公務員の家族もそうなのでは)。
なので就職してIMEをメインで使わなければならなくなってからというもの、苦痛で苦痛で仕方がありませんでした。
テンキーが半角確定入力できないというのには度肝を抜かれましたし。

で、最近一番困っているのが
半角入力したいのに間違って日本語入力してしまったとき です。

ATOKだと入力途中で半角/全角キーを押すと、確定前の文字は全部消えて半角に切り替わりますよね。
でもIMEだと確定前の文字が確定されて半角に切り替わります(キー配置で「ATOK」を選択した場合)

え?この誤入力した文字、自分で消せと?

イラっときたので確定前の文字がある状態で半角/全角キーを押したら【全消去】するように設定変えたんですが、
こうすると【全消去】するのに1回、【IMEオン/オフ】するのに1回、合計2回キーを押さないと半角全角が切り替わりません。

ああもうイライラする!!

どうしたらいいんですか。菩薩の精神で全て許して使うしかないんですか?
Escキー→半角全角と押す方法はありますが、ヒューレットパッカードのキーボードはキーが小さくて押しにくいんじゃ!!!
--

Windows関連 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
最近の記事
  1. 充電式タッチペン試してみた(03/22)
  2. 保護フィルムとタッチペンの関係(02/13)
  3. 「友達価格」ってほんと消えて無くなった方がいい言葉(01/03)
  4. 格安SIM入れたらやたらとAndroidが再起動することがある(11/30)
  5. 【フレッツ光】NTT発番の電話番号が使えなくなるからフレッツに戻せという脅迫電話【コラボ】(11/07)
  6. 【3DS】すれちがいガ~デン 花の元ネタ(11/02)
  7. マウスが壊れたのはPCのせいだと思う(10/27)
  8. 【折り紙】メモ:薔薇の折り図が載っている本(10/13)
  9. 【解決】【Win7/10】タスクバーのサムネがウザいので完全に抑止する(10/05)
  10. IME使ってる人教えてください(09/19)
次のページ
次のページ